CUE ビューア

Windows macOS Linux M5Stack RasPi

TWELITE CUEの通知メッセージを解釈します。

TWELITE CUEタブ

画面例:面の検出

TWELITE CUEのデフォルト設定(CUEモード)は、コイン電池でも動作できるスリープを用いた間欠駆動をしながら、いくつかの要因により起床し、起床後様々な情報を送信しいます。

CUEモードはTWELITE CUEの動作をお試しいただく目的で、搭載センサー、LEDをすべて動作させています。

起床要因

  • タイマーの起床(設定値による定期起床)

  • 加速度の検出による起床

  • 磁気センサーによる起床(磁石が近づいたことを検出した場合)

送信データ

  • 検出イベント(後述)

  • モジュール電源電圧

  • 磁気センサーの検出値

  • 加速度データ

パケット

パケットの基本情報を表示します。

項目

解説

#????

これまでの受信パケット数です。

種別

E_PKTの値で、パケット種別です。CUEからのパケットは通常PKT_PAL=02になります。

ID

送信元の論理IDです。通常は0..100の値になります。

AD

送信元のシリアル番号です。

LQ

LQI、電波強度に対応する値です。

SQ

パケットの続き番号です。

イベント

TWELITE CUEのデフォルトの出力では、必ず加速度イベントとして出力します。起床要因に関わらず、起床後には一定サンプル数の加速度計測を行います。この加速度の結果に応じたイベントが送信します。

検出イベント

番号

解説

ダイス

1(0x00) .. 6(0x06)

定期起床と磁気センサー検出起床を起点に判定されます。起床後大きな加速度が検出される場合は、判定不可としたイベント(0xFF)が検出される場合があります。

ムーブ

16(0x10)

加速度センサーが一定以上の加速度を検出したときに起床したときに、ムーブまたはシェイクのイベントが発生します。ムーブは、計測した加速度の変化があまり大きくない場合に発生します。(加速度の変化は検出したが、連続的な加速度の変化がなかった場合)

シェイク

8(0x08)

加速度センサーが一定以上の加速度を検出したときに起床したときに、ムーブまたはシェイクのイベントが発生します。シェイクは、計測した加速度の変化が比較的大きい場合に発生します。(加速度の変化は検出し、連続的な加速度の変化が検出できた場合。シェイクの名前の通りCUEを振り続けていると発生します)

加速度により起床の検出閾値・イベントの検出条件について、定量的な定義は案内しておりません。

電圧

モジュールの電源電圧[mV]です。

磁石

検出された磁石の極または未検出を表示します。

磁気センサーの検出による起床かどうかの表示はありません。

加速度

起床後に計測された加速度を表示します。

サンプル

加速度のサンプル数を表示しています。10サンプル固定です。

レートID

加速度のサンプルレートです。04固定で100Hzです。

X,Y,Z

3つの軸の加速度です。8サンプル分の平均値として求めています。単位はミリG (1000mG=1G=9.8m/s2)です。

解説タブ

簡易マニュアルです。

画面例

画面例:ムーブ(加速度の検出)
画面例:シェイク(振り続けた)