フォルダ構成について
TWELITE STAGE APP は、TWELITE STAGE SDKパッケージ内のフロントエンドアプリケーションとして動作します。ここでは、そのフォルダ構成について解説します。
1
../MWSTAGE/ TWELITE STAGE SDK インストール
2
/TWELITE_Stage.??? 実行形式 (Windwows .exe, macOS .command, Linux .run)
3
/TWELITE_Stage.sav 設定ファイル
4
/TWELITE_Stage.ini その他設定(MWSDKディレクトリ名指定)
5
/TWELITE_Stage/ TWELITE STAGE APP の関連ファイル
6
7
/MWSDK/ MWSDKのライブラリなど
8
/BIN/ [BINファイル選択]時の格納先
9
/log/ ログ格納先
10
11
/Tools/ gcc コンパイラなどのツール一式
12
13
※ 本構成は MWSDK2020_11 以降です。
14
※ MWSDK2020_10以前との大きな相違は Tools の配置です。
15
../MWSTAGE/
16
/MWSDK/
17
/Tools/ <= Tools は MWSDK内に格納
18
(/MWSDK.ini) . <= MWSDK.ini は非対応
Copied!

MWSDK フォルダ

1
MWSDK/
2
Act_samples/ : mwx ライブラリによるサンプルコード
3
Wks_TweApps/ : TWELITE APPS のソースコード
4
Act_extras/ : mwx ライブラリによるより専門的なサンプル、他のライブラリを引用したもの
5
TWENET/ : TWENET ライブラリ (mwx ライブラリなど)
6
ChipLib/ : 半導体ライブラリ
7
MkFiles/ : Makefile の本体処理部分
8
000manifest : MWSDKのバージョン情報
Copied!
MWSDK フォルダには、TWELITE無線マイコンのソフトウェアを構築するためのライブラリや、サンプル、TWELITE APPS のソースコードが含まれます。

MWSDK.ini

1
# MWSDK.ini の例
2
# MWSDK=MWSDK
3
MWSDK=MWSDK2020_10
Copied!
MWSDK/ フォルダの替わりに別のフォルダを指定したいときに編集します。複数のライブラリバージョンを混在させる場合に便利です。上記の例では MWSDK2020_10フォルダを利用します。

BINフォルダ

TWELITE STAGE APP の [BINから選択] メニューを選択したとき、このフォルダにある TWELITE 無線マイコン用のファームウェアファイル (.BIN) が列挙されます。

logフォルダ

TWELITE STAGE APP でシリアルポートのログ機能を実行したときに、このフォルダにログファイルが格納されます。

Tools フォルダ

gcc, g++ などのクロスコンパイラの toolchain などが含まれます。
プラットフォーム特有のユーティリティもこのフォルダに格納されます。詳しくは Tools/reame-j.txt を参照してください。

ビルドプロジェクトフォルダについて

本機能は標準的に提供する機能外として粗紹介します。記載の内容と異なった動作になる場合もあります。

フォルダの検索順

以下の順でビルドプロジェクトフォルダ (Act_samples など) を検索します。
    1.
    TWELITE STAGE APPが起動したときのフォルダ
    2.
    TWELITE STAGE APPの実行形式があるフォルダ
    3.
    {MWSDKフォルダ}/..
    4.
    {MWSDKフォルダ}
MWSDK は TWELITE STAGE APP の実行形式があるフォルダを起点に検索します。

Wks_Acts

Wks_Acts フォルダが存在する場合は、Act_samples フォルダの替わりに、このフォルダをメニューの[Actビルド&書換]メニューから参照します。
自身で作成するビルドプロジェクトを Wks_Acts に格納したいといった用途を想定しています。
最終更新 10mo ago