ログ機能
ログ機能
Windows macOS Linux RasPi
TWELITE と PC 間のシリアル通信のログを記録できます。

ログの開始

Windows macOS Linux RasPi
TWELITE と PC 間のシリアル通信のログを記録できます。
Alt(Cmd)+Lキーを押します。

ログ記録の終了

ログ記録中にもう一度 Alt(Cmd) + L キーを押します。
ログの記録が終了し、その時点のログファイルをOS標準の方法(Windowsならメモ帳、macOS ならコンソール)で開きます。
Raspberry Pi では、ログファイルの保存だけを行います。ファイルを開く機能はありません。

ログの記録

TWELITE から受信した文字列は、そのまま記録されます。
TWELITE に送信した文字列は、1文字ずつ記録されます。Windowsの場合は 「 」、 macOS/Linux/RaspBerryPiは « » で囲われます。
例えば«t»とある場合は、キーボードからtを入力したことを意味します。

ログ記録のフォルダとファイル名

Windows macOS Linux RasPi
{TWELITE STAGE APP の実行形式のあるフォルダ}/log にログ開始時の日時を元にしたファイル名で保存されます。
Alt(Cmd)+Shift+L を押すことで、そのフォルダを開きます。
PDFに出力
リンクのコピー
概要
ログの開始
ログ記録の終了
ログの記録
ログ記録のフォルダとファイル名