インストール
インストール
環境に依存して、本アプリケーションが動作しない、また、各種設定が必要な場合があります。問題が発生した場合は、本資料の記述を参考に環境を整備いただくようお願いいたします。
開発環境を構築するためには、ソフトウェア群のインストール、またこれらの利用許諾に同意する必要があります。また、PC、ワークステーション上でセキュリティ設定等が必要になる場合があります。
  • 配布時には十分注意しておりますが、ウィルスなどの確認はお客様のほうでも留意いただくようお願いいたします。
  • お客様のセキュリティの考え方や運用(例:外部アプリケーションのインストールの可否)については、お客様の環境の管理者にご確認ください。
併せて「アプリケーションの配布と実行について」をご覧ください。以下に関する話題が含まれます。
  • ダウンロードしたファイルとの同一性の確認について
  • macOS/Windows上でのコード署名の取り扱いについて

TWELITE STAGE SDK の展開

  1. 1.
    お使いのシステム(Windows, macOS, Linux など) 用の TWELITE STAGE SDK をダウンロードします。
  2. 2.
    ダウンロードしたアーカイブ (ZIP など) を、展開します。 展開先の各階層のフォルダ名には、半角数字 0..9, 半角アルファベットa..zA..Z,一部の記号 -_. 以外は含まれないようにしてください。空白や漢字・ひらがななどが含まれてはいけません Windows の例 × C:\work\作業\ × C:\Users\user1\work dir\C:\Work\Work1
  3. 3.
    展開後のフォルダを確認します。 C:\Work 上で展開した場合は C:\Work\MWSTAGE といったフォルダ名になりますが、展開ソフトによってはアーカイブのファイル名のフォルダが作成されるかもしれません。必要に応じてフォルダの名前を変更したり移動します。
文中では展開したフォルダ (例 C:\Work\MWSTAGE ) を {MWSTAGE インストール} のように表記する場合があります。

各システム独自の設定など

以下を参照ください。

TWELITE STAGE SDK のフォルダ構成

TWELTIE STAGE SDK をインストールしたフォルダ {MWSTAGE インストール} には、以下が格納されます。
  • TWELITE STAGE アプリの実行形式
  • MWSDK フォルダ - ライブラリ、ソースコードなど
  • Tools - ビルドするためのツールチェインなど
詳細は「フォルダ構成」をご覧ください。