Linux

TWELITE_Stage インストール (Linux)

Linux

TWELITE R2 のUSBデバイスIDが従来の0403:6001から0403:6015に変わっています。udevの設定追加が必要です。

32bit版は用意しておりません。

Linux環境はディストリビューションやバージョンによって、用意されているパッケージの種類が違っています。個別にパッケージ等のインストールや設定が必要になる場合があります。

エラーメッセージ等を手がかりに一般の情報を参照いただくようお願いいたします。

環境

TWELITE STAGE は以下の環境で開発・動作確認しています。

  • Ubuntu 16.04, 18.04, 20.04

  • NNLinux Beta8 64bit

  • Centos7

デバイスドライバ

TWELITE STAGE から MONOSTICK や TWELITE-R を認識するためには、ftdi_sioモジュールをアンロードし、また、USBデバイスに対して読み書き権限が必要になります。

USBデバイスのIDは以下のようになります。

  • ベンダーID 0x0403

  • プロダクトID 0x6001(MONOSTICK,TWELITE R) または 0x6015 (TWELITE R2)

この設定を自動化するための udev の設定スクリプト(Ubuntu, CentOS) を用意しています。/etc/udev/rules.d に定義をコピーして、設定をリロードしています。設定後は USB デバイスを抜き差ししてから TWELITE_Stage.run を実行してください。起動直後の画面で USB デバイスが表示されれば、設定が反映されています。

Ubuntu 16.04, 18.04. 20.04

$ cd ./MWSTAGE/TWELITE_Stage/INSTALL/ubuntu/
$ sudo ./set_udev_sudo.sh

定義ファイル(読みやすいように改行しています)

ACTION=="add",
ATTRS{idVendor}=="0403", ATTRS{idProduct}=="6001",
MODE="0666",
RUN+="/bin/sh -c 'rmmod ftdi_sio && rmmod usbserial'"
ACTION=="add",
ATTRS{idVendor}=="0403", ATTRS{idProduct}=="6015",
MODE="0666",
RUN+="/bin/sh -c 'rmmod ftdi_sio && rmmod usbserial'"

Centos 7

$ cd ./MWSTAGE/TWELITE_Stage/INSTALL/centos/
$ sudo ./set_udev_sudo.sh

定義ファイル(読みやすいように改行しています)

ACTION=="add",
ATTRS{idVendor}=="0403", ATTRS{idProduct}=="6001",
MODE="0666",
RUN+="/bin/sh -c '/usr/sbin/rmmod ftdi_sio'"
ACTION=="add",
ATTRS{idVendor}=="0403", ATTRS{idProduct}=="6015",
MODE="0666",
RUN+="/bin/sh -c '/usr/sbin/rmmod ftdi_sio'"

アプリケーション登録

必要に応じてお使いのデスクトップ環境に合わせて、プログラムを登録してください。

Ubuntu 16.04, 18.04, 20.04

Ubuntu用の定義ファイル生成スクリプトを用意しています。

$ cd ./MWSTAGE/TWELITE_Stage/INSTALL/ubuntu/
$ ./make_launch_icon.sh

このスクリプトは .desktop ファイル(アプリ定義)を$HOME/.local/share/applications に作成します。

スクリプト実行後に、アプリケーション一覧に TWELITE STAGE のアイコンが追加されます。