インタラクティブモード

Windows macOS Linux RasPi M5Stack

インタラクティブモードへの遷移と操作を行います。

この画面はターミナルとほぼ同じ振る舞いをしますが、インタラクティブモード遷移のための操作と離脱の検出を行うなど、インタラクティブモードに固有の機能が追加されています。

TWELITE無線マイコンからの入出力を用いて動作しているため、シリアル通信に文字化けなどが発生した場合など、期待通りにインタラクティブモードへの遷移や離脱が出来ない場合もあります。

ターミナルによるインタラクティブモードへの遷移と操作も可能です。

  • ターミナルではSETピンの操作は行わないため、手動でSETピンをLOに設定する必要があります。

  • + + + 入力Alt(Cmd)+IやモジュールリセットAlt(Cmd)+Rを行う操作は定義されています。

インタラクティブモード画面の動作フロー

大まかな処理の流れを記載します。

[画面黒背景にする]
[TWELITE無線マイコンリセット (制御可能ならSET=LO)]
<間欠動作アプリのインタラクティブモードメッセージを検出?> --YES--> [操作画面]へ
↓タイムアウト
['+' を3回入力]
<通常アプリのインタラクティブモードメッセージを検出?> --YES--> [操作画面]へ
↓タイムアウト
[操作画面へ] ※ この状態はインタラクティブモードではない
[操作画面]
<インタラクティブモード脱出メッセージ?> --> [終了]
<画面離脱操作 [ A ] 長押しなど> --> [終了]
<ESC ?> -> <入力中判定> --NO-> [終了]
↓ ↓
[入力文字列をTWELITE無線モジュールへ送信]
[操作画面]へ戻る
[終了]
[TWELITE無線マイコンリセット]
[画面離脱] インタラクティブモード画面を終了し前の画面へ戻る