T
T
TWELITE STAGE
1.3
検索…
⌃K

macOS

TWELITE_Stage インストール (macOS)
macOS

環境

以下の環境で開発・動作確認しています。
  • macOS 10.14 (Mojave, Intel)
  • macOS 12.4 (Monterey, Apple Silicon)

依存するソフトウェアや警告ダイアログについて

下記の事象が発生した場合には、 TWELITE_Stage の動作のために、実行の許可やインストールが必要です。
  • ツールチェインにはコード署名がなされていますが、コード署名が正しく認証されない場合は、ビルドツールチェイン (ba-elf-gcc など) の実行形式一つずつについて、動作許可を求められる場合があります。
  • ダウンロードアーカイブには署名しておりません。実行時には、インターネットからダウンロードされたアプリケーションとしてセキュリティ警告が出る場合があります。
  • TWELITE_Stage をインストールしたパスからの実行許可を要求される場合があります。
  • ビルド実行時に make ユーティリティのインストールダイアログが出る場合があります。

make ユーティリティの追加インストール

場合によっては、make ユーティリティをインストールしなくてはなりません。
macOSバージョンの違いなどにより、別の手順で行う必要があるかもしれません。
コマンドライン (zsh) から make を実行したときに、エラーが出る場合には Command Line Tools をインストールします。
$ xcode-select --install
インストールが完了したら、make を入力して以下のメッセージの出力を確認します。
$ make
make: *** No targets specified and no makefile found. Stop.

シリアルポートの取り扱い

MONOSTICK や TWELITE R には、 FTDI社 (https://www.ftdichip.com) の USBシリアル変換IC FT232 シリーズを、TWELITE R2 には FT230 シリーズを搭載しています。これらを利用するために、デバイスドライバのインストールが必要となる場合があります。
TWELITE_Stage を起動してもシリアルポートが表示されない場合は、FTDI社のドライバをアンロード(無効化)してください。
このユーティリティは MONOSTICK や TWELITE-R を挿入した際にOS標準のデバイスドライバのロードを抑制するだけでなく、同じ USB の ID を持つそれ以外のデバイスについてもデバイスドライバのロードを抑制します。
https://www.ftdichip.com/Drivers/D2XX.htm より D2xxHelper をダウンロードできます。 なお、TWELITE STAGE SDKの TWELITE_Stage/INSTALL フォルダにも同じものを収録しています。

参考:FTDI社デバイスドライバの手動アンロード

FTDI 関連のドライバをアンロードするには、以下のコマンドを実行します。
$ sudo kextunload -b com.apple.driver.AppleUSBFTDI
最終更新 5mo ago