センサーグラフ

センサーグラフ

Windows macOS Linux RasPi

各種センサーデータをデータベースファイルに記録します。また TWELITE STAGE APP 画面上で簡易的に計測値を参照する機能もあります。

同一実行形式名の TWELITE STAGE APP を複数起動して、センサーグラフを同時に使用することはできません。

データベースファイルは {MWSTAGEインストール}/log フォルダに格納され、TWELITE_STAGE APP 実行形式名をもとにファイル名が決まります。同一実行形式の場合、同じデータベースファイルを参照するためです。TWELITE STAGE APPの実装では、複数のアプリが同時に同一のデータベースにデータを追加することを想定していません。また、状況によってはデータベースファイルのアクセスエラーとなり、TWELITE STAGE APP がクラッシュすることもあります。

例えば、MONOSTICK を2台接続して、同時に複数の「センサーグラフ」を動作させたい場合には、各々別の実行形式名 (TWELITE_Stage_a.exe, TWELITE_Stage_b.exe) とした TWELITE STAGE アプリを実行します。この時のデータベースファイル名は log/TWELITE_Stage_a_WSns.sqlite, log/TWELITE_Stage_b_WSns.sqlite です。

  • データの保存には sqlite3 を使用しており、 {MW_STAGE Install}/log/{実行形式名}_WSns.sqlite というファイルに格納されます。

  • 画面遷移は [一覧(グラフプレビューあり)]>[24時間データ] >[ライブビュー]です。

    • [24時間データ] から更に [年] [月] [日(グラフプレビューあり)] 選択画面に遷移できます。

  • [ライブ]表示画面について

    • 一覧から特定のノードを選択します。

    • 1秒おきのリアルタイム表示を行い、過去450秒前までのデータを表示します。

  • [24時間データ] 表示画面について

    • 特定の日のデータを表示します。

    • 1秒おきの取得とし、複数データが有る場合は間引かれます。

    • 最大拡大時(1ピクセル1秒)以外は、各ピクセル範囲での取得値の平均により表示します。

    • 値が画面よりはみ出す場合は上下端に測定点を表示します。

    • 現在時間が含まれる場合は、新しいデータが来ると表示更新します。

    • ホイール、カーソル↑↓:時間軸の拡大・縮小

    • マウスの移動:マウスポインタに対応する時間軸にある取得データを簡易表示します。

      • カーソル→、←:隣の取得データに移動します。

    • クリック&ドラッグ:スクロール(拡大時のみ)

    • 拡大時はスクロールバーによる操作も可能です。

    • [CSV出力] 機能では、データベースに含まれるすべての取得値を表示します。

  • データの抽出は https://sqlitebrowser.org/ のツールを使ってください。

操作

センサーノードのメモ(補助情報)の編集

v1.3.9以降

「24時間データ画面」上で、画面右上のセンサーノードのメモ部分を左クリックすると、メモを編集するためのプロンプトになります。

  • IME入力時の操作方法は、利用のシステムに依存する場合があります。

  • IME入力時の操作によっては期待しない文字列が入力される場合があります。不要な文字列が入力エリアに表示された場合は BS キーで不要部分を削除します。

画面遷移

画面は一覧、24時間、ライブの3種類が基本になります。

[一覧] <--> [24時間] <--> [ライブ]
              ↓↑
          [年月日選択]

センサーグラフモードの起動時に開く

[STAGE 共通設定→起動アプリ指定]にて32を指定する。

DBのテーブルについて

sensor_data

sensor_node

センサーノードにテキストメモ(付加情報)を格納する目的で利用する。

sensor_last

最後に受信したタイムスタンプを管理する目的で使用する。

最終更新